Counter

2016年10月10日

10月連休

この頃の私の住む地域はこうですよ。
寒さが増してきたところです。
KIMG2330.JPG
稲刈りが終わった田んぼです。
KIMG2331.JPG
なんか・いいよね。この季節が来たんだなーって思う。
匂いもなんか・懐かしい気がします。

8日土曜日は父ちゃんの病院日で函館に向かいました。
病院行ってる間に私は別行動して、時間をつぶしてました。
テーオーデパートの手芸店布地のワゴンセール大好き。
ハデハデな布を発見。
KIMG2344.JPG
私の為にあったような布です。
KIMG2343.JPG
スカートに仕立てればこんな風になればいいかな。と購入
まだ、作ってはいませんが。

日曜日9日は苫小牧へ行きました。
その前に、台風で壊れていた除雪車のハウスを二人で立て直しました。
割れた部品はホーマックに頼んで購入してありました。
私ならあきらめて新品自転車ハウスを買うのに、
父ちゃんは、調べて、破損した部品だけ買いました。
そういう所は、えらいなーと感心します。(部品代は1300円位でした)
新品を買えば1万円はします。

そのあとで苫小牧に向かったからお昼に到着しました。

苫小牧は弟夫婦が暮らしてます。他の用事もあってちょっと弟にも
会いました。そのあとで昼食
「お好みやさん」に入りました。
KIMG2335.JPG
ミックスです。イカ、タコ、エビ、豚肉が入ってました。
粉っぽさがない本格的なお好み焼きでした。長ネギも多めでした。
ソースとマヨネーズ、カツ節は自分でかけるやり方です。
よかったよ。

お店によってはソースがたっぷりかけられて、
ソースの味しかしない「お好み焼き」食べさせられたりしますよね。
私は自分で味付けできるのが1番です。

そのお店にはトイプーちゃんが2匹おりました。
客は私たちだけでした。
KIMG2333.JPG
レノンの匂いがするのか私から離れません。
KIMG2334.JPG
お利口さんでした。

そのあと、図書館で調べものして、
父ちゃんは床屋さんしました。

帰りは源泉かけ流し。
北海道遺産のモール温泉。
黒いコーヒー色の温泉、ヌルヌルすべすべの温泉に浸かりました。
白老のアイヌ民族博物館なんかある側です。
初めて入った温泉でしたが、初めて黒い湯に入りました。
大きな大衆浴場ではありません。入浴料金は大人400円でした。

もう、暗くなり、夕食は登別駅前の食堂に入りました。
底は天井に届く大きさのウルトラマンの模型?レプリカが置かれてました。
そこ、お店に入ると満席に近い状況になってました。
野菜肉炒め定食を頼みました。
すると…すごいボリュームで登場しました。700円でした。
ちょっと有名な食堂だったのかも。一皿で1日分のカロリー以上かも。
明日の体重が恐ろしい。

さすがの私も残しました。

今日10日体育の日
ストーブつけてます、本当に寒いです。
今日は洗濯、掃除、写真選びの続きです。
写真だけ送るのもね。お菓子と靴下付けました。
(おかしは苫小牧で、靴下が函館で選んできたものです)

KIMG2336.JPG
明日送る予定です。

そのあと、
京都観光の写真を広げました。
KIMG2338.JPG
おじいちゃんにアルバムに貼って渡そうと思ってます。
明日の作業です。
KIMG2339.JPG
京都御所も少しは歩きましたし、
KIMG2340.JPG
可愛いおみくじやお守りも買いましたし、
KIMG2341.JPG
台風が迫ってるにもかかわらず、天気にも恵まれました。
急ぎ足の娘の結婚式と京都旅行でした。

今日はゆっくり片付け出来たのが良かったです。

まぁ、本当に冬に近づいてるなーと思います。
毛糸の手袋と帽子も出しました。
レノンの散歩も暖かくして出られるように用意しました。
手袋も早速愛用です。



posted by ハイジ at 20:53| 観光

2016年07月18日

砂原岳1132b

何処が山頂か分からなかったけど、
今日、他の方のブログなど見ると。
三角点のコンクリートがそうらしい。
だとすると、あそこで良かったのだと。
KIMG2039.JPG
この右側の大き目な石。
この上に座ってるのが証拠です。
KIMG2019.JPG
まさか、ね。
このコンクリートの所に、誰かが置いていった男用キャップ帽子がありました。
撮影すれば良かったね。石ころで押さえてあったけど、飛んでないので、
この頃のかな。だって、結構、風吹くところだからね。
KIMG2040.JPG
地獄の様な・・怖いような・・景色です。
美しいのだけど、壮大で、飲み込まれそうな場所です。

筋肉痛です。トイレに座るとかは大丈夫ですが、
歩くときは、ロボット歩きしてます。痛い痛い。
詳しく写真見たい方は、「砂原岳」で検索してください。

写真で見ると大したことないようですが、実はかなりの傾斜と、
火山灰の土で上がりにくい。下がりにくい。滑る。です。
旭岳の下りを思い出させます。登りはつらく、下りは足を取られます。
1回登ったら、うちらはもういいな!って感じました。

綺麗な苔と高山植物が迎えてくれます。良い時に登ったと思います。
花盛りでした。タルマエソウがいっぱい咲いてましたよ。
KIMG1962.JPG

では、また、次の山に登ったら報告いたします。



posted by ハイジ at 21:20| 観光

2016年07月16日

砂原岳登山しました。(秀峰駒ケ岳・砂原岳と駒ケ岳の合体した名前)

今日を逃すと又登山日和が危うい。
父ちゃんに朝になってから、付き合いをお願い致して、(だましだまし)
出かけました。急きょの支度でした。

道の駅「さわら」から見た砂原岳
KIMG1948.JPG
最後のトイレをして。
KIMG1949.JPG
望洋の森公園に車を止め、西丸山を目指すように登り
途中から「砂原岳」を目指します。初めて上るので案内板だけが頼りです。
KIMG1950.JPG
車をとめました。ここからスターです。9時半頃です。
12時になった時点で、ご飯にして下山する予定です。
公園を抜けると・・村道が出て、びっくり。もう迷ったかと。
右に少し2分位歩くと。山に入る道発見。
KIMG1953.JPG
たぶん、これが登山道に違いないと!!今までの勘です。(初心者)
合ってました。(砂原岳登った人のブログなど拝見してたので助かります)
登って行くと、休憩ポイントがあります。給水ポイントだね。
休みました。
KIMG1955.JPG
父ちゃんが読んでた看板です。
KIMG1956.JPG
ここは危険だから登らないように。ってどこかにかいてあったわ。
いつ噴火するかもわかんないので。
この頃、噴火湾側の地震が多発するから、砂原岳はやめておいたんだけど。
砂原岳は「苔が綺麗だから、登る価値あるって」登山ベテランさんのお勧め山。
この頃少し地震も治まりつつあるから、危険犯してました。

KIMG1957.JPG
道案内があって、安心して登りました。
KIMG1958.JPG
熊のウンチもなかったです。
整備された登山道ですよ。
KIMG1959.JPG
この植物が1番咲いてました。
KIMG1962.JPG
ヤマアジサイやほかの植物も綺麗に咲いてました。
「西丸山」が見え場所に、休憩所。
KIMG1970.JPG
ここで、「まさか、道間違えて、西丸山に行くんじゃないの。」
それでもいいか。とか。話しておりました。
前方左に少し見えるのが、西丸山です。ここまで1時間位たちました。
KIMG1972.JPG
西丸山の姿がはっきり見えます。
KIMG1978.JPG
この山です。
なんと、この道の枝分かれしたところに。出ました。砂原岳の登山道。
KIMG1980.JPG
時間は11時過ぎてましたが、ここまで来たら、行くことにします。
父ちゃんは「西丸山」でいいと言いますが、せっかくですから。
一生一回の砂原岳です。頑張りました。
本当の登山は「ここから」です。(今までは何だったんでしょう)
諦めた父ちゃんが先にどんどん進みました。
KIMG1979.JPG
この草畑を越えたら、草も生えないような雰囲気になりますよ。
遠くに西丸山が見えています。
KIMG1987.JPG
もう、砂原岳を目指して進むしかありません。
KIMG1993.JPG
徐々にこうなります。
KIMG2008.JPG
高山植物が出迎えてくれて良かったよ。
KIMG2000.JPG
どんどん息が上がるし、疲れる。しかし、涼しいクーラーが効いて助かる。
何回も休みました。
KIMG1994.JPG
これ以上進むとびっくりです。
「苔が綺麗だよ」とはこのことだったか。
KIMG2011.JPG
苔と高山植物だ。
KIMG2012.JPG
素晴らしい。登ってよかった。
KIMG2014.JPG
そこが過ぎると・・難所。
KIMG2016.JPG
難所とは。
登山によく、出てくる、鎖やロープ。ヤバイ。ついに来た。
KIMG2018.JPG
這うように登っていく。
山頂が近いと頑張るしかない。
この先は写真撮る場合じゃない。
カメラは背中に入れて、滑落しないように進んだ。
隣に、駒ケ岳が大きく見える。やばい景色だ。
KIMG2024.JPG
砂原岳には登山者はどうやら私ららしいが。向うの駒ケ岳には10名くらい人が見えた。
しかも、この二つの山の間の窪地に人間6人が歩いていた。やはり、いるんだ。
砂原岳の山頂はこの先。かなり危険な場所にあるようだ。
目と鼻の先。
だが、やばいくらい危険なとんがった尾根を行くよう見えるので、やめました。
落ちてもいい人ならいけるでしょうか。
KIMG2019.JPG
ここで、ご飯を食べ、10分くらい休憩してもと来た道を下山。
ここに着いたのは13時半過ぎでした。9時半から登ったから
4時間かかってます。

下山もきつかったけど、怪我無く終われるように注意を払い、
休み休みですが、3時40分頃車をとめた場所に着きました。
下山は1時間半くらいですか。

帰りは濁川温泉に浸かってきました。良い温泉でしたよ。

明日どのくらい筋肉痛が待ってるか分からないので、夜のうち
洗濯物をすべて終わらせました。
きつかったけど、頑張って登って良かったなと思いました。
KIMG2028.JPG
雲の高さより上にいます。
KIMG2029.JPG
ここに登ったのかと思うとぞっとする。
KIMG2030.JPG
苔と花が可愛かった。ありがとう砂原岳。



















posted by ハイジ at 21:34| 観光

2016年07月03日

縄文の丘「北黄金貝塚」伊達市

今日は父ちゃんの気晴らしに付き合ってる私である。
レノンも一緒である。(今日くらいは家でゆっくりしたいが)

室蘭方面、または、登別温泉でも。とお風呂セットを持っていく。
高速道路は使わないで、道なりに進む。
KIMG1890.JPG
なんだか、見たことない看板。今まで気づかなかったかも。
(これは国道から1から2分入った場所に)国道には違う看板に寄る。
KIMG1891.JPG
なんだか、見た方が良いようだ。
KIMG1892.JPG
面白そうだ。
KIMG1893.JPG
駐車場から入っていく。
KIMG1894.JPG
縄文人のおうち。結構大きな家ですよ。

こわごわ覗く。父ちゃんは入らない。レノンも入りたがらないそうだ。
私は、入る。
KIMG1898.JPG
3棟あって、3棟とも、中はこのように、木かな炭かな?燃やして暖かな
空間でした。十分住んで快適だったのでは。
あんまり、人が来ないようなこんな場所でも。
ちゃんとこうして、火を焚いて歓迎してくれるのは、
大変有難い事です。

近くの川では(建物が見える場所では)係の方が川の掃除されてるようでした。
KIMG1896.JPG
父ちゃんとレノンは「縄文人が掃除をしてると」冗談言ってました。
違いますよ。
そこから登っていくと。
貝塚。
KIMG1900.JPG
若者らが先に来ていた。
KIMG1902.JPG
KIMG1903.JPG
自由に歩いても良いようだ。
KIMG1905.JPG
KIMG1907.JPG
KIMG1909.JPG
分からないけど、いい場所ですよ。
資料館に入りました。
KIMG1910.JPG
国指定文化財ですね。貝塚から獣から捕った骨で針も作り、
衣類なんかも作って着て何不自由ない生活を送っていた事が分かります。

クルミを石うすで割ることも出来て、体験してきました。
あのクルミが、今ならくるみ割機でないと割れないと思ってた私。
それが石で簡単に割れることを知って驚きでした。

縄文土器もお茶碗も今とそんな変わりはない。粘土でレンガのように
丈夫に作ってあって、今はプラスチックの食器も多いけど。
同じようなものなんだなー。なんか、縄文人が好きになったね。

そのあと、お風呂にはいったり、ガストに入ってごはん食べて戻ってきました。
KIMG1912.JPG
楽しい1日になりました。
レノンも一緒で良かったです。

ピリカの資料館はまだ入ってないので、見た方が良いと
父ちゃんに言われました。そうだね。日本人なら見ないとね。

他、ホームラン打った甥っ子の活躍が新聞に載ってるというので見ていました。











posted by ハイジ at 18:58| 観光

2016年06月05日

海向山570b(恵山 函館市)登山(函館 山の会主催)

体力は若干弱め。
天気が良さそう、昨夜天気予報見てから、行く用意しました。
というのも、集合場所に着くまで車で片道3時間かかりそうだからです。
ファイトを出さないと。
夜のうちに用意できたものは積み込み。

朝は4時半に起床。5時7分出発。8時少し前に到着。
集合は8時半。
道の駅があるので本当に助かります。

KIMG1667.JPG
2か所、道の駅経由。トイレは万全。
KIMG1666.JPG
今日登るであろう山は、右が恵山火山、左側の高い山が「海向山」
(かいこうざん)恵山町のつつじ祭りも終わってます。
道の駅からいい眺めです。大丈夫かな。着いていけるかな。
KIMG1669.JPG
恵山噴火口駐車場 賽の河原駐車場って名前らしい。初めて聞いた。
(前に少し住んでたんです)
KIMG1671.JPG
私が到着したときは、7割がた到着してたようだ。
直ぐ、名前住所年齢など記入。保険も入ってるそうです。
前回の「台場山」の半分の人数の参加で25名位+山の会の方々。
台場山・・きつかったかな・・なんか言っておられました。(笑)
9時、グループ分けして簡単体操して出発。
1465118326564.jpg
ここは、整備された登山道で間違って遭難することはない。
との説明であった。行き2時間で山頂、戻り1時間半の予定で登る
行き帰り違うルートの話。
1465118354548.jpg
真ん中の赤い点、Pから出発。左側の山に登ります。コースが案内されてます。
1465118360916.jpg
最初はピクニックの様な登山道
案内板もあり、1本道
1465118373428.jpg
殆ど、覆いかぶさる木々の中のコースで涼しい。
ほぼ難しくない登山コースが過ぎると、勾配がきつくなり始める。
何回かストップして呼吸を整える。
海向山に直接登るのではないようだ、その隣の山を登ってるようだ。
バックに恵山が見えたら、1個前の山の山頂
KIMG1675.JPG
この反対向き。
KIMG1676.JPG
まぁ―綺麗だ。函館市内の方向に向いている。
この右手の山がこれから向かう「海向山」(見えないね。)
ここで、10分位休憩し、この山を急降下するのであった。
その時ね。気球みたいなものが飛んでたの。
1465118400196.jpg
見えないよね。空の真ん中にあるもの。
何とかネットって書いてあった。
恵山の山頂でうろうろ飛んでました。みんな・・どこから来たんだろうって。
ガヤガヤでした。

このあと、本当に急こう配の坂道を下って、「海向山」に登るんだけど、
きつかったのか、写真は無いです。
山頂に近づくと、恵山町では枯れてたつつじは「山高いので」ここでは咲いてました。
KIMG1677.JPG
幸せな空間です。色も濃く。
山の中とは思えない。何処かのお庭の様な気がしました。
KIMG1678.JPG
KIMG1679.JPG
これ過ぎても、また登って行きます。
KIMG1682.JPG
あと、あとbと表示ありました。
KIMG1681.JPG
恵山が見えたり、見えなかったりの登山コースです。

先頭チームが着いたぞーって声がした。
後ろチームの私はこの声が嬉しくて。足も勢いづく。
KIMG1683.JPG
山頂はこんなだった。

KIMG1686.JPG
あー着いたんだーバンザーイ。
10時30分位でしたかね。2時間かからない。
食べたり飲んだり、しゃべったり、ワイワイ騒いで、楽しく。
KIMG1688.JPG
KIMG1691.JPG
11時頃出発下山。帰りのコースは、少し行ってから、いきなり
急な斜面坂道コース。(これが時間短縮コース)
急な道の前にこれだ。
KIMG1692.JPG
すごいパノラマ。実際は大きい。幸せな時間だった。
これが見られたら、悔いはなし。
そして、
注意して転ばないように降りたら、割と歩きやすい道になる。
危ない時は写真なし。

1時間かからず、駐車場に到着。
KIMG1693.JPG
山の会の方のご挨拶、みんなで拍手して喜び合い、次の予定の案内あり。
次の登山前にお勧めコースを聞いてきた。「砂原岳」とか。
あー課題が来たー。苔があって素敵らしいよ。ですって。

余力のある方は、恵山登って帰ってもいいとか言ってたけど。
前にそっちは登ってるので帰る。(私と同じ、そういう人もいました)
帰りにまた3時間ー、温泉も入るしね。

ちょっと寄り道して、以前住んでた家
KIMG1694.JPG
まだ、ある。私の植えた花あるかなー。なかった。
この家で猫飼ってたの。ニャんちゅー。
KIMG1695.JPG
向かい。
懐かしすぎました。
温泉は「恵風」いい湯でした。ホテルのお湯です。
この際だから、足を延ばして入ってきました。
KIMG1696.JPG

自宅には16時に到着。良い登山しました。

余談だけど。
趣味の話さ。人間いつどうなるかは分からないから、
今年出来る。と思ったことはやった方がいいてな話を話してました。
山登りなんか、きついと楽しいが入り混じって、体力もいる。
体力なんか、来年どうなってるか分からない。家族間だって。
来年条件がいいかなんか分からない。

だから、どんな趣味でも、今やりたい、事を楽しんだ方がいいとか。
山登りながら教えてもらいました。
私なんぞ、1つ2つの趣味も適当にしながら、また違うことに手を出して。
あの人は分からない人だと思われてもいいの。

どの趣味や習い事も役に立ってるし楽しいし。私は私。
好きなことあったらやりましょう。












posted by ハイジ at 19:35| 観光

2016年05月30日

5月29日 長万部岳972b 登山しました。

長万部岳「山開き」ということで、登山会に参加してきました。
20名の参加。毎年行われ、今回43回目で、参加者も今年は最低の人数だそうです。
今年は雪が少なかったし、春の気温が高くて、例年より雪が少ないそうです。
という説明でした。

町福祉センターに集合し、そこからバスで登山口付近まで移動。
そこから、歩き登山口。
KIMG1629.JPG
斜めですが案内標識
KIMG1633.JPG
その入り口はこうでした。ここまで歩いた時間20分以上かな。
その周辺は
KIMG1631.JPG
広場があります。
KIMG1632.JPG
入口から入りますが、車のタイヤ痕があり、道路です。
歩きやすい道なりが5合目まで続きました。
ピクニックやハイキングならお子様連れにも来られると思います。
KIMG1634.JPG
1合目も斜め。雪が多いせいだそうです。直してもこうなってるそうです。
KIMG1635.JPG
車が通れるような道を上がって行きます。
KIMG1636.JPG
道端の花でも見ながら。
KIMG1638.JPG
写真、真ん中、これから登る山並みが見えてきます。
KIMG1639.JPG
KIMG1640.JPG
歩きやすいです。
KIMG1641.JPG
KIMG1642.JPG
少しながら山が近づいてます。
KIMG1643.JPG
ひたすら歩く。長いコース。
KIMG1644.JPG
はい。ここ5合目。
KIMG1645.JPG
3年前には、山小屋がありましたが、老朽化で取り壊して、
広場になっております。
その工事車両が通ったために、ここまでの道が歩きやすかったのだろうと
思ってましたが、

もともと山小屋までは車が入ってきて、山小屋トイレの汲み取りも
行われたそうで、以前より5合目までは道が付いてたそうでした。
なるほどです。
見えてるのが「長万部岳」ここから、1、2時間かかって山頂へ行くそうです。

本当の登山はここからでした。ここから1本筋道っていうか、そういうのになりました。
KIMG1646.JPG
素晴らしい眺めでした。
KIMG1647.JPG
ブヨが多くて、また更に、ハッカ液ぬりました。
蚊対策万全に。出発です。5合目からは雪があるとは聞きましたが、
まさか、こんなにあるとは。が感想です。
KIMG1648.JPG
登山道が雪です。
KIMG1649.JPG
普通の土が見えてる所と交互に雪道となってます。
最初は雪道に出るたびに喜んでたのですが、滑って危ないし、
だんだんと、いいんだか悪いんだかの道です。
KIMG1650.JPG
危ないので、個人のペースになってきました。
KIMG1651.JPG
KIMG1652.JPG
でも、体が熱いので、雪からのひんやり空気が気持ちよかったです。
KIMG1653.JPG
KIMG1654.JPG
KIMG1656.JPG
八合目あたり。
KIMG1657.JPG
五合目の次は八合目で休憩。
とてもいい眺めででした。皆さん心行くまで休憩しました。
体のほてりが取れたら出発。
9合目
KIMG1658.JPG
9合目あたりがまたキツイ、が山頂ではなく、
そこから、山なりに行くと山頂が待ってる。

KIMG1660.JPG
山頂。
KIMG1659.JPG
目前にめっぷ岳。奥の白い山が「狩場山」
たぶん、空の黒いものはやぶ蚊です。
KIMG1661.JPG
こっちはたぶん函館方向かな。
全面高い山が見られる素晴らしい場所です。
太平洋と日本海の海が見分けられました。
寿都町がはっきり見えましたし、豊浦町かなあ・はっきり見えました。
すごい、すごい。
遊楽部も見えたし、砂原岳も見え、もちろん、ニセコ連邦、羊蹄山、
うっすら、駒ケ岳。天気が良すぎて、曇ってしまうので、遠くが見えにくいようですが。
それでも、こんなに見渡せることが素晴らしいです。

長万部山岳隊の方々が山の説明をして下さって、みんな感心してる。

KIMG1662.JPG
KIMG1663.JPG
11時半にはご飯も済んで下山。
帰り道は雪道が危険でした。登りより下りが危険でした。滑りすぎて。
普通の安い登山靴なので、滑って当然的に考え始め、スキーかスケートだと思い始めました。
すると気持ちが楽になり、楽しめるように変化しました。
北海道人だな。でも、地獄3丁目に行かないようにと、みんなで、危険!危険と
いつも頭に入れてました。
写真撮るどころではありませんでした。高山植物沢山咲いてたのに。

下山14時15分頃。14時30分には、みんなバスに乗り込み、15時前頃解散
温泉のチケット頂いてありがとうございます。
熱い湯の長万部温泉
KIMG1664.JPG
ここで、疲れを癒して帰宅しました。

今朝は、太ももの付け根部分が少々だるい痛みが出ただけで、
普通です。良かったわ。筋肉痛が楽でした。

道迷いしそうな場所があったので、独断で行かれると、間違うかも。
間違った方向に足跡が沢山ありました。(知らないとあっちに行く。とか言ってましたので)
どの山が「長万部岳」か分かって登ったことのある方と行くのが間違いなしですね。

この度は熊のウンチは無かったです。
冬スキーの方の為にピンク色のリボンが付いてました。
それはスキーの方たちの為で、登山道はまた違ったりしますので、注意ですが、
ピンクのリボンは目印でもありますね。

毎年行われるそうです。5月ラスト日曜日です。
今年行かれなかった方は来年是非参加してくださいね。







posted by ハイジ at 08:14| 観光

2016年05月22日

長万部町「写万部岳」499bに私も登ってきました。

写万岳
道新の記事が出るまで知りませんでした。記事の景色が綺麗でした。
登山道も整備されてるそうです。
ピーちゃんママも登ったとブログで紹介されてました。
行ってみたいな。

今日は北斗市の山の方々が前々から気になってる「毛無山」に登ると
新聞に呼びかけがあり、行きたかった。
一度「滝」まで行こうとしたのですが、
なかなか、たどり着かず、獣道になってきて、断念してたのでした。
たまに、登山口にバスが止まり、多数の登山者が説明受けてたり、
個人の車も数台止まってるのを見ると、うらやましいものでしたが。
今回も断念ですね。

今日は中学校の体育祭があり父ちゃんが昼近くにならないと帰ってこないし。

あと、町会館の草も刈らないといけないし。
うちの町内会の方々、今、最高に忙しい時、畑作業に田んぼ作業。
猫の手も借りたい時期。なので、この時期1回刈ってくれたら助かるわ。
って言われてた。
父ちゃん一人より私の猫の手でもプラスして朝4時半から8時頃までやってたのでした。
家の周りや道路まで久しぶりに刈り払い機使いました。そのあと家事。

10時半父ちゃん帰ってきたから、山…行ける?って聞くとゆっくりなら挑戦するかと。
良かったわ。行ってくれるそうだ。

カーナビちょっと違う場所でして、登山道は
あるものの、獣道っぽい。ここではないようだと迷いました。

山はすぐそこにあるのにね。どこじゃ。
入り口発見した時には車が5台くらいありました。

11時45分出発。登山名簿に記入。
だけど、朝から草刈りしてたせいか、体が≪重い!!登れるかな・・・。
ひたすら歩く、ストックは1本だったが、2合目から枝を拾って2本にして登った。
結構きついよ。バテテ何回も休憩。
今日さ、車の温度計見たら27度。これで、登ってるんだよ、真昼間に。
KIMG1565.JPG
KIMG1566.JPG
相棒の棒とポカリ。
KIMG1567.JPG
父ちゃん絶好調だぜ。早く登っては、私が登って追いつくまで休憩してた。
KIMG1568.JPG
あんまり風吹かない。家では洗濯物が大揺れしてたのに。
まさかの無風。
虫が(ブヨ)がいなければ、半そで短パンになりたい。
KIMG1571.JPG
山頂です。キツイ、キツイ。バンざーーい。お昼ご飯。
ウグイスがいい声で鳴いてるんです。
姿が見えてるんです。3メートルくらい離れた木の枝でさえずって、
ずーーと、一緒でした。スペシャルな時間でした。しあわせ。

登ってるときは2時間くらい経過したと思ったの。
KIMG1569.JPG
山頂の景色。
KIMG1570.JPG
KIMG1574.JPG
KIMG1573.JPG
KIMG1576.JPG
KIMG1578.JPG
本当にこの看板薄い字。(笑い)
他の歩道も階段も整ってるのに、これが残念です。
草をかき分けなくてもいいのが素晴らしい。

下山します。登りは6人の方とすれ違い挨拶交わしました。
一人はカメラ持った若い方、他の方は、私たちの様な年齢で男女比半々。
夫婦の方が1組。
KIMG1579.JPG
良い景色でしょ。あの道を下山できるのよ。ちょっとアポイみたい。
KIMG1580.JPG
KIMG1581.JPG
KIMG1582.JPG
KIMG1583.JPG
KIMG1586.JPG
KIMG1588.JPG
つぼみが沢山ありましたので、これから登られる方は
また、最高の高山植物に会えますよ。
KIMG1589.JPG
KIMG1591.JPG
白の山すみれも見られました。
下りる時「太もも」疲れましたわ。
登り1時間ジャスト。下り45分かかりました。きつかったです。
KIMG1593.JPG
駐車場に戻れた―。もう車はうちらの1台だけ。2時50分着。
お疲れさまでした。

帰りは長万部温泉に浸かりました。気持ちよかった。
スペシャルな1日無事終わりました。

ここは2本杖いります!!
下りはジグザグ下りです。熊のフンはありません。
いい眺めと山頂のウグイスが感動的でした。ありがとうございました。






posted by ハイジ at 21:06| 観光

八雲町高速道路の休憩所

KIMG1558.JPGKIMG1559.JPG
土曜日は、用事を足しながら、函館に行ってました。
銭宅の庭の草削りもしました。(草の成長が早いね)
帰りは、八雲高速パーキングに入って、休憩。
レノンの散歩
お天気が良くて、長居したくなっちゃう。
リゾート地みたい。いつもはトイレだけで
車に乗ったら出発してたの。
KIMG1560.JPG
KIMG1561.JPG
カフェのようなお店で牛乳を飲みました。
甘く美味しかったです。
売店で野菜やパンも購入しました。
KIMG1562.JPG
何処までも歩いてピクニック出来る。1日いてもいいくらい。
KIMG1563.JPG
今度、レノンと二人きりでデートしようか。

posted by ハイジ at 19:59| 観光

2016年05月16日

函館市 台場山 川汲温泉コース登山「土方歳三の軌跡を歩くコース」

15日(日曜日)体力が心配だったけど、気持ちだけ頑張って出かけてきました。
函館、山の会が主催する初心者向け登山です。天候は最高でした。

朝は4時半に起床し、朝ごはんの支度して、5時20分には出発し、
川汲公園駐車場には7時半到着しました。(8時集合でした)
KIMG1515.JPG
車が続々と入ってきました。
名前、生年月日、住所など、各自記入しました。

50名以上集まったそうです。車の数、数えたら30台は来てました。
挨拶、説明後、10名ひとまとまりの6班位になり、グループ前後に山の会の方が付いて
難所の所はご親切に誘導して下さって、心強い登山です。
父ちゃんは「ぎっくり腰」やったばかりで、まだ、腰痛残ってるから、
無理に誘いませんでした。一人で悲しい登山でしたが、山の会の方や
前後に歩いていた方と話をして、楽しみました。
KIMG1516.JPG
私の前の方。
黙々と歩いてました。
おいて行かれないように、同じ間隔で歩いて行きました。
見て分かるように、こんな感じのコースです。

まず、川を渡るというのです。びっくりポンだわ。
KIMG1519.JPG
会の方が、ハシゴをかけて下さってました。作ったときは、川の水が
少なく、あの程度で良かったそうです。・・・。今日は水の流れが多くて
靴を脱いで裸足で渡って下さいって、言うの。
濡れてもいい方は、そこを渡る。私は絶好のチャンスなので、靴を脱ぎました。

最初は冷たいと感じませんでしたが、川を渡った頃は非常に冷たい、早く駆け上がりたい。
って思いました。
靴を履いて歩きだしたとき、足がさわやかでしたね。
そのグループが靴を履いて揃うまで、ちゃんと待ってからの出発。
結局は全員が渡り切って、靴も履いてしまうまで、待機でした。

写真撮ったりして、前の方と離れてましが、ちゃんと付いていきましたよ。
KIMG1528.JPG
わずか30センチ位の登山道です。
KIMG1524.JPG
春の花が気持ちよく迎えてくれました。
KIMG1527.JPG
KIMG1529.JPG
KIMG1530.JPG
KIMG1531.JPG
時々休みながら。
100メートル位の長い人の列で登って、山を降りて登って降りてを5回くらいは。

というのは、台場山山頂は近くまで車で行けるようなんですが、
私等は、台場山の手前の山並の山頂をアップダウンしての登山のようです。
花々が綺麗で飽き足りない登山ですが。

なんせ、考え思いとは違うものだから、初心には結構遠いな!きついかもって思いました。
なんとか、迷惑かけずについて行けたから良かったわ。

台場山山頂
KIMG1533.JPG
私たちが歩いたコースは、昔、昔の古道だそうです。
クマのウンチも何カ所もあり。昔の人は元気だのう。
左右が崖です。山の山頂を歩くコースでした。

8時半過ぎから出発し、台場山、山頂には10時48分頃到着。
途中休憩したり、皆が揃うまで待ったりしたから、その辺の誤差はあるのかな。

最後の方が登ってきたのは11時15分頃でした。
山頂で休憩してたのですが、そのままそこでご飯食べてもいいとのこと。
本当の予定はもう少し下がったところにあるNTTの鉄塔があるあたりで、ごはんに
する予定だったそうだが、見晴らしの良い方がいいと、こうなりました。
が、ぎゅうぎゅうの様な風景で楽しい山頂です。

KIMG1535.JPG
土方さんの時代、大砲台があった山頂だそうで、平らではなく真ん中が低くなってます。
KIMG1536.JPG
向うに見える山は、函館山、市内も少し見えます。
その向こうは知内岳?その右側に千軒岳・・は雪で真っ白な山が見えます。
KIMG1537.JPG
これがNTTの鉄塔。
KIMG1539.JPG
はるか向こうに青森が見えてました。
KIMG1540.JPG
座ってごはん食べてます。11時頃です。
(まだ、全員は揃ってないが着いた人から
くつろいでます)

そしたら、若者3名が、私たちとは別のコースから上がってきました。
もう、すごい人がいたので「びっくり仰天」の面持ちで、
皆が、看板で撮影するのを手伝ったりして、多分恥ずかしそうな、場違いな感じで
可愛そうな雰囲気です。(笑)すぐ、降りて行きましたよ。気の毒です。
私たちも予定どうり11時半下山。

わずか、10分もしないうち、この看板。
たぶんこっちから、さっきの若者が来たんでしょう。
そして、アスファルトの道路もある。たぶん、ここまで車で来たのか。

KIMG1542.JPG
私は、アスファルトの道路を下山できるのか。と思いましたが・・・。
ではなく、その隣の旧道だそうで、草原を下って行きました。
KIMG1543.JPG
辺りの景色・
KIMG1544.JPG
下はこんな感じ
かきわけ、かき分け。
最初の1グループがかき分け、私は2グループなんで、まだ踏んだりかき分けて歩く。
最後グループは少し歩きやすいかと思いきや、
ぐちゃぐちゃな所も多く、最後のグループはたぶんぐちゃぐちゃ歩きかも
何番目でも、靴はドロドロ。

この、旧国道は、山頂前に登ったアップダウンはない。ただ、ゆっくりと下って行くだけ。
しかし・・・
途中で土砂崩れ(がけ崩れ)が多く、道路が荒れて、川が時々流れ(2〜3歩で渡る川)
木々が倒れ、原野です。
でも、遊歩道の看板があります。たぶん遊歩道なんでしょう。
思ったより時間がオーバーで14時下山到着予定のはずが、14時40分駐車場到着しました。

最後は、みんな無事に戻れて良かったし、途中休憩の度、体に着いたかもしれない
「ダニ」を払ったりしてました。(山にはダニがいます)
私にも3つ、付いてました。アリもいた。
最後のご挨拶まで入れたら15時になったかも。

次回6月5日、海向山ぜひ参加を呼びかけてました。
ご参加希望の方、「函館山の会ホームページ」参考に。ということです。
私は晴れだったら参加します。雨天はやめます。

帰りは、温泉に入ろうと準備はしてきたので。
300円払って鹿部の足湯に浸かったが、登山の後は寒くて。汗が冷えてきた。
近所の銭湯440円払って入浴した。良いお湯だった。
KIMG1545.JPG
女湯が私入れて2人だった。しょっぱい湯だから、天然温泉だね。
また、入りたくなるような湯でした。

自宅戻りは5時半。
何処にも寄らなくて、帰ってからチャーハンで済ませました。
コンビニでも寄りたい気持ちはあったんだけど、疲れてしまって、
眠気が来ないうちに、帰ろうと思いました。

楽しい登山はあっという間の1日でしたね。

今朝は、疲れはあるものの、体の自由が変わらずあるので、
やはり、初心者コースのうちに入るのかも。と思います。

狩場山の翌日はトイレに座るにも大変な状態だったからね。
階段も上り下り大変だったし、歩くのも大変だった。それに比べたら
今回は体の負担、疲労度からみると楽なんだね。

次回、晴れますように。

私の登山靴は、1番安いもの購入しました。
晴れた日しか登山しない。っていうか登山は晴れた日しか
行わないと思ってたからです。

所がです。山の天気は変わりやすい。
地上で晴れでも、山の中では小雨になったり、しかも川を渡らなければならないし、
ぐちゃぐちゃドロドロの中も歩く。予想外ですよ。

狩場の時は雨でも登山しました。水たまりに靴ごと入って歩きましたわ。

今回も川を渡る場面。長靴持ってきた方もおりました。
登山靴は水の通さないものを選ぶとよいらしいです。そして、
靴カバーっていうのかな足首からスネにかぶせるあれ。
あれあると水を通さず、少しの川なら入って歩けるそうです。

わたし、それで、今回靴脱いで川渡ったんだんだ。
あのスネまでかぶせるカバー、徐々に下がって、何の意味あるのかと思ってましたよ。
今回一つ覚えましたよ。登山には登山のスタイルがあるんだなーって。

帽子なんか、いつも散歩に行くのをかぶって行きましたけど。
ダニの事考えると、登山用品がいいのかな。
いつも観光登山だから、原野に入らないつもりだったけど、
こうして、入ることになると、そうも言ってられないね。
やっぱ、素人だわ。ま―そうですね。
靴の紐結び
KIMG1513.JPG
このようにクロスクロスで結ぶとフイットすると。
やってみると、本当に履きやすくなりました。
前は、ぶかぶかでした。結びでこんなに良くなるとは思いませんでした。
やってみてくださいね。では、また。

あーリュックは洗うと防水加工が薄れるそうで、乾かしてから、
汚れを取るようにした方がいいそうです。洗うものではないそうです。
済みません、もう洗ってしまいましたね。狩場で濡れた時にね。
滑って転んでドロドロになったからね。大阪姉さんのリュック防水薄れてますね。
済みません。登山初心者講習会の話でした。








posted by ハイジ at 08:19| 観光

2016年05月05日

5月4日雨模様ですが、伊達方面へ

昨夜は帰ってきてから、DVD作業を少しやって寝ました。

今朝は、二人ながら、体中が痛いので、湿布を張りまくり。
家でゆっくりする予定でしたが、9時も過ぎたら、
やはり、ゴールデンウィークだから何処かに行こうかいう話になって。

近場で良い所。伊達かな。

伊達の道の駅は相当いいらしいとのこと。
伊達の道の駅なら何回も行ってるけどね。なんだか、農家さんが作った野菜が
もう出てるそうで、かなり賑わってると太極拳メンバーが話してましたので。

温泉セットをもって。
そしたら、あんな・・建物あったかな?って。

それでね。雨降りだから、考える事みんな一緒。
お風呂入って、外食して終わらせようと同じこと思うものよ。
伊達温泉に入ったら、食事するところも満席。お風呂も、どこもここも人で一杯。

もちろん道の駅も人人人。楽しかったけどね。

1番先に行ったのは「伊達善光寺」よく、道南であれば、松前、函館、森、伊達は善光寺。
さくら情報に出てくる桜開花前線ですよ。
それで、名前は聞いてたけど、二人とも行ったことが無いので、
行くことにした訳。
KIMG1417.JPGKIMG1416.JPG
うまく重ならなかったけど、この様な建物ね。
KIMG1418.JPG
中は。
KIMG1420.JPG
KIMG1421.JPG
なんだかいい感じです。京都風ね。
KIMG1424.JPG
KIMG1425.JPG
KIMG1426.JPG
KIMG1427.JPG

裏山が良くて、山野草ばかり。天気さえ良ければ最高でしょう。
でも雨降りで、土でドロドロ。傘さして歩いて散策。小雨でしたけどね。
外人さん方は、傘なしの雨合羽でした。

KIMG1429.JPG
KIMG1428.JPG
この写真つなげてみてください。
KIMG1430.JPG
石割桜外科治療って。
KIMG1432.JPG
KIMG1434.JPG
KIMG1436.JPG
桜が小さい花びらです。昔の桜って感じ?
KIMG1439.JPG
KIMG1441.JPG
KIMG1443.JPG
やはり、五稜郭の桜の様なわけにもいかないわ。
今回来てよかったけど。

善光寺の入り口の道の駅も良かったわ。大変混んでましたけど。
良い連休を過ごしました。近い所でも知らない場所まだ、ありそうね。
これからの人生楽しくやりたいものです。



posted by ハイジ at 00:20| 観光

2016年04月19日

ディズニーCホテルミラコスタで結婚式

4月17日に東京ディズニーCで結婚式ありまして。
出かけてきました。月曜日の夕方戻ってきました。
KIMG1260.JPG
この写真は夕方、雨風が治まってからの写真です。

8時過ぎの始発。飛行機エアドゥ。
10時半羽田着、11時リムジンバスでディズニーランド。30分で到着。
ホテルに手荷物預けディズニーCへ。

到着後に強風が増してきて、お昼のパレードが中止になったようです。
私たちは、式の前にディズニーでショッピングと昼ごはん。
雨風大荒れ強風で店内には人、人でした。おじいちゃんも店内ふらふら楽しんでたので、
入った店以外には出ないように言い、各自自由行動で買い物です。
KIMG1251.JPG
まず、店を選ぶというより、入口に1番近い所で昼食しました。並んでましたが、
店内も大きく、座れました。ハーベスタ―八雲の様な流れで食事を頼みました。
傘も差せないくらいの大荒れ模様でしたが、おじいちゃんも何とか同行させました。
食事位させたいと思いましたし、雰囲気も見せたいし、
天気悪くても私たちが付いてるということで頑張らせました。
KIMG1259.JPG
ホテルはサンルートプラザ東京という所です。ディズ―ランド周辺ホテルです。
ホテルまでバスがきて、便利でした。
ディズニーの近場ホテルは1回泊まりたかったです。

式場はミラコスタです。

式は夜でしたから、式場からパレードが見られて綺麗可愛いが楽しめました。
KIMG1340.JPG
下にはお客さんがおりました。そんなところです。

KIMG1342.JPG
豪華なお料理とスペシャルなドリンクやカクテルが提供されました。
KIMG1344.JPG
そして、
誠結婚式.png
ミッキーとミニーちゃんが来ました。
可愛い立ち振る舞いで、大盛り上がりです。

田舎者の私たちがこんな結婚式に呼ばれて本当に夢でもあり得ない
おもてなしのスタイルで後からもこれからも語り継がれる式でした。

教会の式も外人の牧師さんの英語と日本語、讃美歌は男女混合のコーラス隊。
嘘が一つもないんです。まぁ―びっくりしました。

また、新たな親戚が増えました。良かったです。
こうして、翌日になってしまいましたが。
まだ、夢心地の様な余韻の残る今日です。ありがとうございました。

お幸せにお暮しくださいませ。

もう一枚ディズニーCの写真、
KIMG1262.JPG
地球儀が玄関目印。山は噴火してます。
式場天井
KIMG1280.JPG

レノンちゃんは自宅でお留守番してました。
ストーブも消していったので、寒かったと思います。
帰ったら大歓迎してくれました。

排泄もきちんとシートにしてありました。うちの中も汚れもなく。
KIMG1354.JPG
ご飯はタイマーで開く機械を使いました。
家にいた方がストレスなさそうです。

あーー幸せな結婚式でした。









posted by ハイジ at 13:24| 観光

2016年01月11日

3日目晴れです。また、京都

大阪のホテルです。今回はパック旅行なので、ホテルも限られたところから選び、
3連休に入ってしまって、満室、満席の中、急な旅行で、移動に時間取られるのは
覚悟のうえでした。
KIMG0998.JPG
KIMG0999.JPG
朝ごはん。右白い茶碗、注目。ご飯に大根おろし、切り干し大根、おくら、漬物が乗ってます。
乗せてきたんだけど。納豆のパックにこの、乗せたものをすべて混ぜて、ご飯にかけて食べました。
もう一皿は、レタス、サバ、スクランブルエッグ、果物、きんぴら。グレープフルーツ
小さな茶わん蒸し、トマトジュースです。腸によいものを選んでます。(笑い)

京都に移動して、竹林。
今人気の。
KIMG1003.JPG
父ちゃんは、神社かお寺巡りばかりしたがりますから。
私は、こういう方がいいな。
KIMG1007.JPG
個人のお庭なんですが文化財指定の、お山一つ日本庭園。散策。
入園料にお茶付きまして。勉強させていただきました。
KIMG1017.JPG
結構なお味でした。

そのあと、ここは嵐山なんでしょーね。
猿山。
KIMG1021.JPG
ここに行きたいと、駄々をこねました。又登山です。嬉しいな。
父ちゃんは時間がないのに山登るのはやめようと。いいんや。登ると。私。

他の神社ようすかん。ほな。
KIMG1022.JPG
最初は階段、徐々に山道。片道20分とかいうて。30分かかったよ。
山頂は絶景。
KIMG1026.JPG
お猿さん。カワイイナ。でも、目が合うとこわい。
KIMG1029.JPG
お決まり事を守って撮影。

KIMG1032.JPG
ここへ。父ちゃん、お気に入りの所。
私なら。北海道の旭岳や黒岳、アポイ岳の方がよっぽどいい眺めだと思うし。
何も感じない私であった。

所が最後名誉挽回か。
最高の場所に行きついた。
KIMG1037.JPG
私、修学旅行九州だったからここには来たことございませんです。
KIMG1048.JPG

KIMG1044.JPG

KIMG1051.JPG
絵葉書みたいです。すべてが。
ここは天皇家様方植樹されてる木もありまして、さすがな所です。
これこそ、京都です。
KIMG1046.JPG
椿の花は咲いてますが、桃の花か梅の花か咲いてます。
KIMG1059.JPG
本州は草木が青々してます。
畑だってこうです。
少し頑張って、お昼にしました。(時間ないのに)
KIMG1065.JPGKIMG1067.JPG













このカレー小麦粉なしの香辛料だけで作って、具材がごぼうと大根と鶏肉。
他、何か入ってます。ターメリックのご飯。体に良い、カレーだったんですよね。

サラダのドレッシングは玉ねぎソース。美味しかったです。頭がすっきりしました。
これ食べたことにより、時間が押して、走り歩きの開始でした。
KIMG1068.JPG





















駅の乗り継ぎに行く間の景色。
KIMG1069.JPG
京都は40年雪景色にはなってないそうで、降っても消えるそうです。
うらやましいです。
空港には発着1時間前に無事到着いたしまして。
最後大阪お好み焼きをもう一度。
KIMG1071.JPG

KIMG1072.JPG
出国ロビー400円のチンして食べるお好み焼きです。半分こして。
KIMG1073.JPG
伊丹空港です。
小さい空港は分かりやすくていいですよ。
16時伊丹から千歳へ。

父ちゃんは身を清めた気がすると頑張る決意を語ってました。
私の口の中は、旅立つ3日前にちょうど完治し痛くもかゆくもなく。
ただ、遊んできたような旅行でしたけど、山にも登れて最高でした。
新たな人生のスタートになったと思いました。
千歳で時間が1時間余裕あるとのことで、夕食にします。
KIMG1075.JPG
父ちゃん。
KIMG1076.JPG
私。美味しかった。北海道のレストランが1番美味しいね。

急ぎ足で乗り継ぎライナーにむかうと・・・・あれ。
JRエンジン故障のため、次の汽車が車で駅ホームでお待ち下さいと。
寒い中(この気温差)20分待ち。
乗って、南千歳駅・・またもや寒いな科、10分またされ。みんなガタガタ。

そして、17分〜20分遅れで運行し、帰ってきました。
無事に真っ白な北海道に戻りました。

どうして、こんな、違うんだろうか。分かるけど、北海道は外国だね。

11日は朝から2時間除雪でした。今日は、なんだかとても寒く感じます。





posted by ハイジ at 15:50| 観光

二日目、晴れ、京都です。

朝ごはんホテルバイキング。
KIMG0916.JPG
もりもり。

外国人観光客人気ナンバー1スポット。
KIMG0932.JPG
KIMG0923.JPG
赤の鳥居が沢山あるところ。
KIMG0922.JPG
TVでは、赤い鳥居があるってことは知っていたが、山登りコースだっていうのは
初めて知った。(私はDVD作りに忙しく下調べは一切する時間もなく来てしまった)
すごい、すごい、すごい人ですよ。ここは。登山スタイルの方は一部、あとは観光客の方。

KIMG0956.JPG
KIMG0958.JPG
ひたすら、私たちは山頂を目指して登る。
今年「初登山」です。嬉しい。
KIMG0963.JPG
ここでは、頭を滝に打ちました。水が意外と冷たくなかった。湧き水でしょうか。
北海道の水温が違ってよかった。これなら、滝に打たれてもたぶん耐えられる。
私たちは、頭がびしょびしょです。でも、とてもよかったです。
KIMG0972.JPG
ここで座って薬の水でコーヒー頂きました。頭が冷えてきて寒くなりました。
KIMG0971.JPG
ちょっとカフェみたいだった。なんだか、落ち着きますわ。
KIMG0974.JPG
私たちが下って行くとき、登ってくる人が1列に。下りが一列にと。
列の列。ちなみに朝9時には登る人がほとんどでした。

朝から向かって、降りて来たらお昼になりましたので、登山でした。
ここは、私大好きです。外国人でなくても、私のお気に入りになりました。
こういうのは、本当にいいなぁ。

降りてからお蕎麦にしました。
KIMG0979.JPG
蕎麦が細麺でした。
鰹節がきいた上品なスープでした。
KIMG0978.JPG
五重塔とかは人少ない。
桜など咲けばきっといいはず。
KIMG0984.JPG
KIMG0987.JPG
KIMG0989.JPG
銀閣寺。前にも見てるからね。
このほか、願い事が叶うとか、頭痛が治まるとか、金運が良く成るだとか。
健康に良いとかいう所を足が痛くなるほど回った。
最後、「哲学の道」という散策路を歩く。

と、猫がいて、若い男女がカメラを持ってなんか…いる。
KIMG0994.JPG
ここは、猫スポットらしかった。びっくりポン。
KIMG0995.JPG
触れる猫がぽーずをしてくれる。
ネコの集会所なんだか。猫好きのお嬢さん方はにんまりしてた。
まだ、猫たちはそこら中に自由に夕日を浴びてました。
夕食はお好み焼き
KIMG0996.JPG
所が、店内が混みすぎ、並んでいるときに注文を聞き取り、
座ると同時に焼きあがって出てきました。
ソースもたっぷりかかって、しょっぱくてしょっぱくて、タレ食べてる感じ。

味付けは各自に任せてほしい。いくら混んでても。
所が父ちゃんは、これ美味しい。今までで1番だっていうんだから。
味が、ソース他、カレーとハーブソルトの合わせ味。
いくら進化してもこれは。

小さなおばさんがやってるお好み焼き屋に入ったら良かったのに。
がっくりポン。
もっとびっくりポンだったのが。
向かいの店には「落合シェフ」のイタリアンごはんのお店でした。
昨日イタリアンにしなかったら良かったのに。
何処かで見たことあると思ったら、落合シェフ。有名人。
食後に写真撮影に応じてたりしてた。サインもしてました。

その店より、こっちのまずいお好み焼き店が繁盛してるなんて。
落合さんに言いたかったよ。「こっちは並んでても大したことないよって」ってね。

ホテル 大阪
KIMG0997.JPG
枕が硬め。部屋は広くて良かったし。お部屋で温泉も出ました。

足の裏の足底筋は痛まなくなって、山登りで、ふくらはぎが今度痛くなりました。

着替えを持たなかったので、下着、靴下は、毎晩、洗って干して寝ました。
空気が乾燥してるので乾いてました。






posted by ハイジ at 14:51| 観光

初日 神戸へ(曇り日)気温は10℃位でしょうか。

千歳空港、朝ごはん7時から開店してるレストランで。
KIMG0868.JPG
はちみつをたっぷりかけて食べるんです。甘くておいしかったです。
KIMG0870.JPG
エアドゥ。
KIMG0871.JPG
神戸空港から、三ノ宮へ。空いてました。
KIMG0872.JPG
花盛りでした。別世界ですね。
KIMG0873.JPG
人が多くて、やっぱ都会的
KIMG0874.JPG
観光客がいっぱいです。
KIMG0886.JPG
韓国のお客さんがカップルで来てますね。新婚旅行かな。
KIMG0904.JPG
異人館をめぐりまわってます。
KIMG0903.JPG
どんどん坂を上って、降りて。
KIMG0906.JPG
大使館の領事館。各国のお部屋の家具が良くて、おとぎの国のアリスみたいや。
お昼は神戸牛のランチ。
KIMG0901.JPG
ジャガイモとチーズの重ね焼きがとても美味しかったです。
神戸牛が柔らかくて美味しかったです。パンにオリーブオイルです。
KIMG0898.JPG
KIMG0900.JPG
KIMG0899.JPG
オランダの木靴も履いてみました。
ホテルは。
KIMG0909.JPG
すっきり。
枕が2枚あって、とても寝心地感抜群でした。
6時頃ホテルに一旦確かめに入って、足が疲れてしまって、40分休んで、又、港まで出かけてきました。
KIMG0910.JPG
これがTVで見たことのある神戸ですね。
KIMG0911.JPG
アンパンマン館がありまして、子供連れさんが多いです。
夕食はイタリアンになりました。
KIMG0912.JPG
KIMG0913.JPG
港のショッピング街で色々と見て歩き楽しく時間を過ごしてました。

右あしの足底筋が痛みだして、本当は、かなり、大変でしたが、
それに、冬靴はいてる人がいないような。
みんなスニーカーとか、夏靴?
滑り止めのついた靴はいて、足が棒でした。

神戸の洋館はかなり見学しました。数も多くて、函館負けましたね。
ケーキ屋さんやパン屋さんが沢山あるのに、間食しなかったので、
それは、残念かも。小さな登山のような、洋館巡りでした。
初めての神戸は気に入りました。とても好きな街です。住んでる人がうらやましいです。



posted by ハイジ at 13:59| 観光

2015年11月03日

北海道神宮と円山登山と豊平峡温泉

父ちゃんを元気にさせる為にお出かけとなった。
朝5時半出発
1番先に目的にした、定山渓温泉街にある地蔵トンネル。
あそこに父ちゃんを連れ出したかった。
が、先に北海道神宮で気持ちを清めてから、
1446544762169.jpg
七五三の可愛いらしい子供が見られた。
1446544771401.jpg

円山登山へ。登山されてる人が多くてびっくりした。
1446544779405.jpg
札幌に居た娘は毎週のように、登って気分転換した山だ。
20151102a.png
天気が良くて、半そでになりたいくらいだった。
私等は、こうして登ると、とても速いペースのようだ。
何人も抜かしてしまう。

父ちゃんはバテテ。
20151102f.png
疲れた。一休み。呼吸を整えて又登る。
1446544821798.jpg
クルミ。
クルミにあったところには、ヒマワリの種も。
そうこうしてると・・・・リス登場。
とってもまじかに居てくれて、その場に7人くらい居たので、
みんな大喜びの息ひそめ。見られて感動!!いつもここで餌付けしてるおじいちゃんが
居るそうです。

山頂
20151102s.png

1446544851701.jpg
今日は暑いです。
20151102d.png
山頂気分を味わう。
まわりの人。
1446544873339.jpg

帰り道は、動物園側へ。
1446544904518.jpg
人が沢山上がってきました。
カメラ持ってる人が多いです。
1446544881054.jpg
中央にリス。

帰り道でもリスさんにお会いできました。やったー。
ここでは小さな青い鳥もおりました。見られるポイントですって。

1446544909953.jpg
丸山公園も散策してる人が多くて。
しかも円山動物園は長い車の列でした。混んでるようです。

帰り、定山渓の地蔵トンネルに行くと、残念なことに、
トンネル内が一部崩落の危険があるとかで中には入れませんでした。
1番の目的は駄目でした。

お昼になったので、
豊平峡温泉入って、カレーでもと行くが、
そこもまた、大変混んでおりました。入口まで人が並び。
そのうえ、待合所も人でした。
お風呂も大変多く賑わってるとかです。

食事も30から40分またされましたが、その程度でした。
1446544890401.jpg
いつも中辛にしてますが、今日は「甘口」にしました。
すっごく美味しかった。最高です。

お風呂は初めて入りました。混んではいましたが、広いので、気持ちよかったです。

帰りだって、まだ、人が並んでました。すごく人気あるんだね。
行って良かったわ。
父ちゃんの為とか言ってたけど、家族みんな楽しみました。

登山は登り30分帰りは15分もかかったかな。
市民の山として愛される円山でした。こんな山があるってうらやましいです。




posted by ハイジ at 22:46| 観光

2015年10月19日

様似町 「アポイ岳」登山標高810.6

10月17日天候が良く登山に出かけてきました。
今年よくジオパークになったとかテレビで宣伝してましたし昔、登ってましたし、
最初は緩やかで、あとから急だった事は覚えてますが、
他の記憶があいまいで、1回登ったんだからたぶん大丈夫だと決めて登りました。

家は5時半頃出て、アポイ岳には10時頃に着きました。
KIMG0572.JPG
準備して登山名簿に記入して出発したのは10時半です。
KIMG0573.JPG
KIMG0576.JPG
山小屋までは、ピクニック感覚。とっても良いハイキングコースだったの。
こんなはずないなーって会話して進んだ。
何度もベンチで休みながら、楽しく登ったのだった。
KIMG0590.JPG
こんな道もあるけど、きつくはないのよ。
整備されて登りやすい良い所です。さすがジオパークだねって。
KIMG0591.JPG
山小屋には12時頃到着した。ここまでは誰も悲鳴も上げずに来てしまった。

この日は天候が良くて、他の登山者さんもおりましたわ。20組位は居たようです。
私たちより先の人もみんな、この上目指して登っているのが見えました。

ここまで、来たら「アポイ山頂」目指すよ。最初からそのつもりです。
でも、下で休みすぎて12時になってしまったけど。
ここで、食べたら登れなくなるので、「食べない!!」って。決定。
1445121797196.jpg
そこから先がトンでもいない「本格的な登山が待ってました」
この先が本番でした。びっくりポンやー。
1445121692513.jpg
写真の順番が変わりますことご了解を。
1445121698887.jpg
1445121714634.jpg
ここは山のの稜線、っていうやつ。
1445121742796.jpg
ここでは、みんな一休み。
馬の背からは、アポイ頂上が見えますが、高い山に見えます。
父ちゃんはもう止めたいと言いました。
1445121730141.jpg
歩いてきた方(後ろ振り返ったところ)
急な山斜面を登ったら、稜線になるので、そのあたりですね。
1445121683058.jpg
こういう、這いつくばって登るところも越えます。
1445121673012.jpg
9合目は石の目印。
1445121663489.jpg
もう、各自自分のペースです。
最後にまた急な斜面を駆け上がります。
先に登ってる人も見えますので、辛く、キツイが、休みながら頑張ろうと思いました。

山頂には5組の方々が座って食事してました。
13時半でした。

引き続き、次の山に歩いていく方、次の山から戻ってくる方、いろんな人達でした。

山小屋まで1時間半、山小屋から1時間半(キツイ)3時間かかって山頂でした。
1445121646626.jpg
お参りして、座って食事しました。
1445121633300.jpg
おにぎりとサンドイッチと飲み物とおやつ。
3人で何とか山頂に来られたこと感謝しました。
周りにいる方々ものんびり会話して楽しそうでした。

ここの景色はいいかと思えば・・・。山頂は白樺の葉っぱが落ちて枝だけです。
天気よすぎて、下界に薄い「もや」が、かかっていて、
素晴らしい景色とはいいがたくて残念でしたが、

帰りは、全体の景色を見ながら下山したので、とてもいい登山を味わいました。
紅葉も良かったです。

家族連れさんも行違いましたが、3〜4年生の男の子や6年生位の女の子さんも
登ってましたが、大人の方が参ってました。

私等は当然「山、初心者」なので、キツイしかありませんが。

山小屋から上は簡単な山ではありませんが、整備されているのが感動的でした。
登ること自体は苦痛ですが、山には不備がなく、整地され、素晴らしい登山道でした。
それには有難かったです。

やはり言えるのは、雨降り日よりは、いい天気の方が足場がいいと思います。
急斜面で石の上を登るところも晴れでも滑りやすいですし。雨天はまずいです。
これから登る人に参考にしてもらえれば。

この日は暑くて、上着ジャンパーは脱ぎ、その上もう1枚も脱ぎ、
ズボンはめくり、腕はまくって半そで。暑い登山日和でした。

寒いことも想定し、ダウンジャケットもリュックには入れていたので、
思ったよりかなり暑かったです。夏山登山みたいでした。水分足りないくらいでした。
1445121912414.jpg
この「とんがって見える山の天井、稜線を下ります。」
きちんとした道があります。幅1メートル位かな。
1445121819179.jpg
山小屋に降りてきたころ。
15時頃。

登山口に戻ったら16時05分。

往復5時間半のアポイ登山でした。

車に乗って、わずか目の前に「温泉ホテル」があり、入浴料金500円で
汗を流してきました。そこからアポイ岳山頂が見られ、また感動しました。
1日かがりでしたが、最高の思い出をまた、作りました。

自宅に戻ったのは夜11時半でした。

(本当にきつい所は写真撮る余裕ないのでごめんなさい)



posted by ハイジ at 13:59| 観光

2015年09月29日

9月27日日、日曜はまた大沼に。

最初、朝、車の点検してもらうって、八雲行くって、ブレーキ見てもらうとか。
KIMG0431.JPG
店内でコーヒーもらって飲んだりたけど、レノン抱っこでね。
客席が太陽光線浴び浴びなんで、暑くて外に出た。外は晴れでも、雨が降る。
うろうろしてた。
次、
大沼公園でランチしようということです。
KIMG0465.JPG
ここ、三度目の正直でようやく、入れた。
14時からは貸し切りになるそうだ。
2000円のランチにした。
KIMG0433.JPGKIMG0434.JPG
蟹パスタ美味しかった。父ちゃんはビーフシチューの方だった。
父ちゃんはわずか5分で食べてしまって・・・不満足。
コーヒー付いてもすぐ食べ終わる。

店内からの景色が良く、散策する人が見られる。
私たちも散策して、もう1件ケーキでも食べようという話。
KIMG0436.JPG
大沼公園の裏側のようなところ。
KIMG0437.JPG





















KIMG0438.JPGKIMG0439.JPG












KIMG0440.JPG









KIMG0442.JPG












KIMG0446.JPG












KIMG0448.JPG





















KIMG0454.JPGKIMG0455.JPG











KIMG0456.JPG
KIMG0445.JPG
KIMG0461.JPG
KIMG0462.JPG
こっちのコースもいいね。いいところだわ。
レノンも散歩できて楽しかった。

この後、また、また、行ってきた。
KIMG0230.JPG
ここのカフェ。
ケーキセット食べてきたの。(痩せられないわ)

そのあとは、スマホの料金が合わないとかで、函館ケーズデンキに行くって。

そして、蔦谷によって、雑誌買って、ホーマックによって、
KIMG0467.JPG
KIMG0469.JPG
父ちゃんのお決まりのコースを回って帰ってきたのよ。
レノンは吠えないからね。人を見てはしっぽ振って、アピールしてました。
ワゴン立ち乗り中。

買ったものは、色紙を入れるケースだけ。後はふらふらと。
時間の無駄か、帰りは八雲100均寄り、ガソリン入れて。

私の家族と過ごす休日はこんなだよ。

ゆっくり、したいわん。


posted by ハイジ at 15:24| 観光

2015年09月24日

ノースサファリ札幌

駐車場に入りきれない車が並んで待たされていたのですね。
バスも運行されてましたので、バス待ちで並んでる方々も多いです。
KIMG0309.JPG
想像では小さ目なパークかと思いましたが、違いますね。
小さなお子さんでも、大丈夫なところメインですが、
デンジャラスゾーンというのがありまして、
そこは、名前も記入させられ、各自の責任で入るゾーンがありました。
私たちは、そこはやめました。

何故ならば、そこに行かなくても、結構ドキドキする、蛇やら何やらおりますから、
もう、そこに入らなくてもいいです。私、動物大好きですが。

小さなときから馬や牛、鶏、羊など、飼っていたし、動物の本当の怖さが分かるので、
小学校に入る前には、仔馬の後ろついて歩いて、最後におなか蹴られて一晩中おなか痛くて
死ぬかと親に思わせたり、他にも動物を飼うと怪我をする親の姿を見て育ったので、
本当の動物の本性が分かるので。
ただ単に可愛いだけでは見られないのです。
父ちゃんは町で育った人だから、可愛い可愛いと見て楽しんでおりましたわ。

本当に。可愛いんです。動物たちは。
よく、躾けられて、人間に慣らされておりました。
(たぶん、ストレスが溜まってると思います。よく、動物たち「我慢」してます)
もう、泣けてきます。うちのレノンだったら、最後はしっぽ丸めて陰で隠れてしまうと思う。

狐なんか、犬小屋みたいのから出てこなかったから、
相当ストレスたまってるかも。
とか、言いながらも、見たら可愛いし、触りたくなる。実際なでなでしちゃいます。
KIMG0310.JPG
カンガルーは触らせてくれるけど、しつこいは嫌なようで、人間の間を
すり抜けてました。
KIMG0311.JPG
触られたら、仕方なさそうになってます。人間が多く、逃げ場がないんです。
・・・
白い大きなネズミのような動物
KIMG0316.JPG
KIMG0317.JPG
撫でても逃げません。いい子でした。
ペリカンは人間に触られない場所にいます。
KIMG0319.JPG
つつかれたら嫌なので、誰もさわりません。
各所に消毒スプレーがあります。
KIMG0324.JPG
KIMG0321.JPG
地面にはウンチも転がってますので。
掃除されてるとはいえ、気を付けて歩こう。
KIMG0322.JPG
この子たちも触らせてくれますが、迷惑そう。
犬のように「もっと撫でて」っていうよりは、なるべく「見るだけにしてよ。」
って思ってる風です。
お尻向けてますから。

シマウマやダチョウは檻に居ます。入れません。
KIMG0327.JPG
KIMG0328.JPG
KIMG0333.JPG
ごはんが売られて子供たちは食べさせてました。
1番見たかった、「カタラビ?カタビラ?」そんな名

KIMG0335.JPG
KIMG0336.JPG
思ってたより大きいね。

山羊。
KIMG0341.JPG
38000円で売られてる。
KIMG0344.JPG
牧場主だったら絶対買う。のに・・・。
KIMG0342.JPG
その顔は・・KIMG0347.JPG
可愛いんだわ。今のところ。
アヒルは1000円
KIMG0346.JPG
これ本物、慣れてるね。

蛇を肩からぶら下げるところは列が出来てました。
へび、怖いので、見るだけでもドキドキしました。

動物たちは大人しいので、安心しましたが、人が入らないと、
動物たちが飢え死にしたら可哀想だし、長ーく人に愛される所で
有ってほしいです。冬はどうなるのか、心配です。人間と暮らすのかな。
うちのレノンのように。

うちのレノンは幸せだわ。そんな風に思ったのでした。










posted by ハイジ at 10:44| 観光

2015年09月18日

娘は太平洋フェリーに昨日17日乗り、今日12時過ぎまだ海の上でーす。

KIMG0275.JPG
昨日は娘は苫小牧西港〜夕方5時半に太平洋フェリーに乗って、今日の10時に
仙台港に着く予定でした。
到着時刻に連絡があり、津波解除になるまで、海の上です。とのこと。
フェリーは満席でした。大きなフェリーなので、何も心配してません、
レストランもお風呂もありますし、足も延ばして休めますし。

乗船するとき、チリの地震に伴って、到着時間が変わることも
想定されますが、それでもいいかとご案内されました。
それで、乗り込んだわけですから。仕方ないです。
乗り込む前の写真です。
KIMG0276.JPG
KIMG0272.JPG
午前中の写真です。一度下見してきました。
KIMG0280.JPG
KIMG0279.JPG
夕方5時頃です。
KIMG0281.JPG
乗り込む前にフェリーのレストランで、夕食食べて時間つぶしました。
そのあと、乗り込んでさよならしました。

そのフェリーの駐車場にドッグランがありました。
ちょっと良かったので、撮影しました。見てください。
KIMG0260.JPG
KIMG0261.JPG
KIMG0262.JPG
KIMG0264.JPG
KIMG0266.JPG
KIMG0265.JPG
KIMG0263.JPG
KIMG0267.JPG
KIMG0268.JPG
KIMG0269.JPG
KIMG0270.JPG
KIMG0271.JPG
夕方には、ボーダーコリー犬が2頭遊んでました。

うちの庭にもほしいな。作りたいなーと思ったのでした。




posted by ハイジ at 12:46| 観光

2015年09月16日

大沼2

KIMG0241.JPG
大沼キャンプ場です。子供たちが小学生の時はキャンプしました。
KIMG0242.JPG
いい天気ですわ。
KIMG0243.JPG

KIMG0244.JPG
テントが20位はあったね。
今は一人用のテントもあれば、寝室とキッチンと分けて住まいのような雰囲気の素敵な
キャンプ生活を楽しんでる人もおり、ただの通行人の私たちは、
うらやましくて、仕方なかったです。
KIMG0245.JPG
サイクリングされてたり、ランニング、ウォーキングされてました。
KIMG0246.JPG
また、大沼に行こうと思います。

posted by ハイジ at 13:01| 観光