Counter

2012年07月02日

小樽のガーデンで注目した所

今回の私の目の付け所は、隣との境をどのようにされているか。
アーチやベンチなどの花以外のもの。
足場の作り方。です。

小樽望洋台町内会は函館の銭亀の町内会とも同じような雰囲気も少しは感じられ、
お隣の家との距離も同じようで、・・・・お隣の人と目と鼻の先が合うっていうか。
立ち話が出来るっていうか。
P7010055.JPG


だから、境目はどうなってるのかと。そしたら、まるでお隣が見えないって所は
ありませんでした。
トレリスや手作りの塀や壁はあっても、まるっきり隠すようなことはありません。
P7010108.JPG

むしろ、花や木々の隙間からお隣が見えたりします。
お隣の景色も取り込んだり、景観も取り入れて、庭つくりをされています。
だから、お隣からも素晴らしいお庭が自分の庭のように見えたりします。すごいよね。
P7010132.JPG


庭って言っても、庭が1つのお部屋の役目をしてました。
屋根がないくつろぎの花に囲まれた部屋です。
椅子などあるところは、近所からは少し見えない加減でしたが、
外から中が見えないって事はありません。
P7010144.JPG
ドロボーも入れません。
でも、玄関より、裏側なり、サイド側、なり、すごくいいです。

うちも真似はしたくないと思って、自分なりの庭にあわせた感じになったらいいとか
思う。
P7010046.JPG
板で隠しても所何処。日光も入るし、風も入る。
お隣も見えるし、会話も出来る。理想的ですね。
これならお隣さんともうまくいける。
す晴らし過ぎて・・・。言葉が出ません。うっとりです。
posted by ハイジ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になったお家やお庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56831194
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック